有志の皆さんからのコロナ感染寄付

SLPCの日本人サポートメンバーのみなさんからいただいた寄付、コロナウイルス感染のためにロックダウンされ、仕事を失ったスラム街の家族のためにその寄付をつかって食糧支援しています。2020年5月

コロナ感染

5月4日から大規模検査が行われます。セブ市のすべてのバランガイで、約10日間かけて検査し、
15日以降のEnhanced Community Quarantineの措置を決定します。現在毎週倍増している感染者数のことを考えると15日で措置が緩和するとは思えません。

コロナウイルス感染セブ

この写真は2020年5月にSLPCサポーター有志のみなさんからお預かりした支援金を使って墓地スラムの家族にコメを寄付したときのものです。協力者デービス牧師

1 社会・治安情勢(外務省のHPからの抜粋)
(1)フィリピンにおいては,新型コロナウイルス感染症の対応として,原則自宅隔離や,一定条件下で認められる外出時のマスク着装義務等,幅広い規制が行われている。感染予防に万全を期すことに加え,フィリピン国家警察は,現在,コミュニティ隔離措置に伴う各種規制の違反者に対する取締を強化しており,違反者は警告なしに逮捕されるおそれがあるため,滞在地の条例・指示等に従って,トラブルを避ける必要がある。

SLPC セブ島の貧困解決・・・現地の人たちの自助努力をサポートするセブ発NGOボランティア団体

セブボランティア活動

セブにあるスラム街、貧困地区。

そんな地域の子どもたちに、お腹いっぱいに食べさせてあげたい。そんな気持ちからNGOボランティア団体がスタートしました。SLPCは、Sustainable Livelihood Projects Cebu の略称です。

貧困の子どもたちのための「食」、「教育」、「職」を確保することを大きな目標としています。

日本の皆様が参加できるボランティアプログラムや、サポートメンバー登録を行っています。ご一緒に活動ください。

SLPC団体概要  SLPCお問合せ

Cebu Instagram

  • Contact