HOME>セブボランティア・高齢者施設

セブでフードドライプSLPCのスタディツアーにご参加いただく方は、市内の高齢者施設での活動に参加する機会があります。

多くの派遣先がありますので、前もってどんな活動をしたいかを日本事務局にご相談ください。

この高齢者施設はマザーテレサ修道院が運営する施設です。

● セブの「カリガート」

カリガートと聞いて「あっと」思われる方は、インドのコルカタにあるマザーテレサ修道院に行かれたことがある人たちでしょう。

カリガートはマザーテレサを世界的に有名にした、一番最初の施設、別名「死を待つ人の家」と呼ばれているホームレスの人達の終の棲家なのです。

そのカリガートと同じ方向性で運営されている施設がここセブにあります。門に書かれている文字に Home for the dying destitutes と書かれています。DESTITUTEというのは単に貧乏というだけではなく、家族もなく、生きていくために必要な物を持たない人と訳せるでしょう。

しかし、この施設では、シスターが家族となり、最後の時を静かに待っている人達が沢山います。写真撮影厳禁です。

● 高齢者施設での活動

セブでフードドライブ朝、入所者の皆さんの部屋の掃除、洗濯、ご飯の準備などを行ないます。午後からも活動したければ、することはあります。

70名ぐらいの人達が住み、車いすの人はそのうち20名程度でしょう。

もし、医学や看護などの専門技術を持った人達の場合なら、もっと深く、関わることができます。

日本の高齢者施設と比べると、亡くなる方の年齢は若いです。自分の意思を伝える事が出来る人がほとんどです。

日本人ボランティアは珍しいのか、いつ参加されてもみなさんから歓迎されます。

SLPC セブ・福祉ボランティア&スタディツアー

SLPCのスタディツアーは日本事務局(CEC)が説明会、個人相談、旅行手配など、全てのサポートを行ないます。CECのページを御覧ください。大学や旅行会社からの問合せも、日本事務局が一括して受付させていただきます。お気軽にお問合せください。

SLPC セブ島の貧困解決・・・現地の人たちの自助努力をサポートするセブ発NGOボランティア団体

セブの貧困層の子供

セブにあるスラム街、貧困地区。

そんな地域の子どもたちに、お腹いっぱいに食べさせてあげたい。そんな気持ちからNGOボランティア団体がスタートしました。SLPCは、Sustainable Livelihood Projects Cebu の略称です。

貧困の子どもたちのための「食」、「教育」、「職」を確保することを大きな目標としています。

日本の皆様が参加できるボランティアプログラムや、サポートメンバー登録を行っています。ご一緒に活動ください。

SLPC団体概要  SLPCお問合せ

  • Contact