HOME>栽培活動 奇跡の木 モリンガ

セブでフードドライプ山村集落の家族にお願いし、セブに自生する「奇跡の木」と呼ばれれるモリンガ栽培を行っています。この木の葉は、栄養価に優れ、子どもたちの大きな栄養源となるのです。

初めて、この木のことを知ったのはセブの貧困層の子どもがデング熱にかかったときのことです。

コーディネーターが母親に、モリンガの葉を沢山スープに入れて食べさせるように指示したのです。そのときにモリンガってなんだろうと思い調べてみたら、すでに沢山の記事がネットの検索で見つかりました。

健康志向の方なら、きっとこのモリンガという木の名前をご存知かもしれませんね。

● タンパク質、カルシウム、ミネラル、ビタミン類など・・まるでサプレメント

モリンガの栄養素は、アミノ酸、ミネラル、、ビタミンB群、GABA、ポリフェノールなど、多くの生命維持に必要な栄養が効率よく含まれています。「モリンガ」と検索するとすぐに多くの情報を集めることができます。

セブでフードドライプこのモリンガは、セブの山村集落などに自生しており、協力してくれる家族のもとでいま栽培を始めました。

モリンガの木はとても強く、すぐに成長するそうです。だから1年もすると大きな木になって沢山の葉をつけます。

世界的に見ても飢餓に苦しむアフリカや、インドなどにも自生しているので、食糧危機を救うために国家的にこの木を栽培しているところもあると言われています。

SLPCはこのモリンガの木から、葉を摘み、乾燥させてパウダーにしています。それを子どもたちに提供するおかゆに混ぜて、栄養をつけてもらっています。

● モリンガをパウダーにするまでのプロセス

セブでフードドライブモリンガをパウダーにするには、現在最新の注意を払っています。

まず、摘んできたモリンガの葉を真水(購入した水)で綺麗に洗います。

それを屋内の風通しの良い場所で、乾燥させます。害虫から護るため、蚊帳をかぶせています。

十分に乾燥したら、葉っぱを一枚ずつはずし、赤外線消毒器を使い、完璧な乾燥と、消毒を同時に行ないます。そして、パウダーにして袋詰めにします。

時間と手間の掛かる仕事ですが、山村の家族にも手伝ってもらい、少しづつ供給量を増やしていきます。

● フェアトレードとしての目標

今試行錯誤の段階ですが・・・

貧困層の家族の収入を目指し、現地の人達が自分たちでできる方法で、製品化していくことを学んでいます。このモリンガは、セブを訪問された皆様に販売しています。セブからのお土産として、ぜひ購入いただけたらと思います。詳しい案内は別サイトで行っていますので、御覧ください。

セブでフードドライブちなみにモリンガパウダーは、その色や臭いは抹茶に似ています。

私の場合、お茶にして飲むとニオイがきついので、小スプーンで軽くすくって、牛乳などと一緒にゴクリと、一気に食しています。

スパゲティに入れたりと、料理に使うと美味しいです。

SLPC セブ島の貧困解決・・・現地の人たちの自助努力をサポートするセブ発NGOボランティア団体

セブボランティア

セブにあるスラム街、貧困地区。

そんな地域の子どもたちに、お腹いっぱいに食べさせてあげたい。そんな気持ちからNGOボランティア団体がスタートしました。SLPCは、Sustainable Livelihood Projects Cebu の略称です。

貧困の子どもたちのための「食」、「教育」、「職」を確保することを大きな目標としています。

日本の皆様が参加できるボランティアプログラムや、サポートメンバー登録を行っています。ご一緒に活動ください。

SLPC団体概要  SLPCお問合せ

  • Contact