HOME>NGO設立経緯 まずは、食べさせたい・・・

セブの墓地でボランティアフィリピンの収入格差は本当にひどいと感じていました。とくに私達がボランティアプログラムとして活動している地域は、どこに行っても子供達がお腹をすかせています。

そして、食べているものが、偏っています。子どもの時にこそしっかり、バランスよく食べないといけないのに、お米ばかり(これが一番安いのです)食べて、おかずが無いに等しいのです。

ボランティアの皆さんから頂いた費用で子どもたちのおやつや、食事になるようなものを提供しても、なかなか継続できるものではありませんでした。

何度もセブに来て、貧しい子どもたちに会い、顔を覚えて、名前を覚えると、やはり可愛くなります。

子どもたちのために、すこしでも食べさせたい。シンプルな気持ちが最初のきっかけでした。

フードドライブ活動を定着させたい

アメリカでその活動を見た時に、これをなんとかセブでも取り入れることができないか。。。それを考えていました。

セブの墓地でボランティアそんな時に、ある人の紹介で、セブの大手食品会社の社長と知り合いになり、貧困層の子どもたちへのフードドライブ活動のアイデアを話したところ、協力してくれることになりました。

企業とお付き合いするためにはセブに、現地の人達が作った組織が必要になります。

ここからNGOの設立へとつながっていきました。

現在始まったばかりのNGO団体ですが、現地の企業に話をすすめ、すこしでも多くのサポートをいただく予定です。そして、日本からのボランティアのみなさんの参加も、この団体を支える資金の一部として利用させていただきます。

セブの墓地でボランティア

私と同じように、一度セブを訪れて、子どもたちの様子を見たら、きっと続けてサポートしたいと思っていただけるはずです。

そして、SLPCのサポート会員に登録していただき、長く子どものサポートをしていただけるようになっていただきたいです。

そして、SLPCは企業や、一般の方々からいただく寄付を確実に管理し、子どもたちの将来のために責任をもって活動していきます。

SLPC日本事務局 池頭

SLPC セブ島の貧困解決・・・現地の人たちの自助努力をサポートするセブ発NGOボランティア団体

セブの貧困層の子供

セブにあるスラム街、貧困地区。

そんな地域の子どもたちに、お腹いっぱいに食べさせてあげたい。そんな気持ちからNGOボランティア団体がスタートしました。SLPCは、Sustainable Livelihood Projects Cebu の略称です。

貧困の子どもたちのための「食」、「教育」、「職」を確保することを大きな目標としています。

日本の皆様が参加できるボランティアプログラムや、サポートメンバー登録を行っています。ご一緒に活動ください。

SLPC団体概要  SLPCお問合せ

  • Contact