Livelihood program

廃材からエコバッグを作成中!墓地スラムで牧師を中心に母親が数人あつまりバッグの作成をしています。

エコバッグ
ステッカーの裏についている「つるつるした紙」これを台紙と言ったりしますが、正式には剥離紙と呼びます。

エコバッグ
剥離紙は強く、それを束ねてバッグにします。

エコバッグ
これが剥離紙の原型、工場から廃材としてだされたものを入手しています。

エコバッグ
もうすぐ完成予定のバッグです。お母さんたちが数人でかかれば2-3日で結構大きなバッグが完成します。軽くて、耐水で、強いのです。

bag
完成品はこんな感じです。これに飾りをつけてオシャレにしていきます。見えづらいですが、一番上のトートバッグ(下の部分だけ写っています)は買い物カゴとして(トートバッグ)日本でも人気になるとおもいます。

SLPC セブ島の貧困解決・・・現地の人たちの自助努力をサポートするセブ発NGOボランティア団体

セブボランティア活動

セブにあるスラム街、貧困地区。

そんな地域の子どもたちに、お腹いっぱいに食べさせてあげたい。そんな気持ちからNGOボランティア団体がスタートしました。SLPCは、Sustainable Livelihood Projects Cebu の略称です。

貧困の子どもたちのための「食」、「教育」、「職」を確保することを大きな目標としています。

日本の皆様が参加できるボランティアプログラムや、サポートメンバー登録を行っています。ご一緒に活動ください。

SLPC団体概要  SLPCお問合せ

Cebu Instagram